teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ありがとうございました!

 投稿者:ながたに  投稿日:2014年 2月 1日(土)16時33分12秒
  るなさん、こんにちは^^
常連のみなさま、お久しぶりです&はじめまして。

るなさんからお知らせいただいたので早速見に来てしまいましたです。
このたびは拙作をアップしていただき感謝申し上げます<(_ _)>
うわあ。。
まさか看板までとは…^^;
その場でざかざか描いたものですし、もう一枚の方は、
冬コミでるなさんに看板を褒めていただいたのが嬉しくて、
チョーシ出してリハビリのつもりで描きました。
顔しか描けなくなってる自分が情けないです(/_;)

そんなイラストを載せていただき、
しかも長年放置したサイトの紹介まで。。。
本当に感謝します<(_ _)>

こんな私ですが、今後共よろよろしくお願いいたします<(_ _)> <(_ _)>
 
 

おひさしぶりです

 投稿者:るな  投稿日:2014年 2月 1日(土)15時59分8秒
  あまりにもおひさしぶりです。
こちら見ていただいている方いらっしゃるのかしら…(^_^;)
元気にしています。009&石ノ森活動も、結構活発に楽しんでおりますよ!

さて今日は、ものすごく久しぶりに更新したのでお知らせします。
トップページが、変更しにくい(どーしたら良いのだっけ??)ため
こちらでのお知らせになりすみません。

ずっと前からアップする予定でいた、レイコさんの『街の灯』をようやく
お披露目することができました。レイコさんごめんなさい…
収録された同人誌がずいぶん前のものなので、初めて読む方もいらっしゃる
のではないでしょうか? お楽しみくださいね。

そして、ながたにさんから新作を2点もいただきました!
久しぶりに描いたそうですが、冴えわたるジョーのかっこよさ!!
ご堪能ください。お披露目できて鼻が高いです(*^^*)

実はもうすぐキリバンでもあります。
ゲットされた方は、どうぞ申告してくださいませ。

http://coda009.web.fc2.com/

 

アメコミ版009 など

 投稿者:るな  投稿日:2013年 7月29日(月)23時06分4秒
  うわお、うちのBBSがえらく国際的なことになってるっ………
これはもしかして、アメコミ版009効果かしら?(違います)
発売日に遠征して買いに行きまして、ちらちら観てますが
まだちゃんと読んでません。カラーが豪華ですね!

そしてアユミて誰(笑)
島村さんたら、常に話題を提供してくださいますな(^_^;)
全体的にはわりと評判が良いようで、一安心です。
これなら英語版も欲しいかも?

そして…某イベントのため、私はこの夏、コミケに行けません(T_T)
ものすごく ものすごく 楽しみにしてたのになぁ!
どうして同じ日に開催するのかしらねーあああーーー


★しらとりさん
銀魂完結編、観てきましたよー♪ おまけは沖田でした。
紅桜編も沖田だった気がします…特にファンではないのに;

いろんな意味で銀魂ぽい映画でしたね。
そこから話が展開するかー? とか、声優ネタとか。
とりあえずは、これでアニメ銀魂はほんとに完結したんだな、と
思いました。数年後に「さらば」とか「永遠に」とかで
復活する可能性はあると思いますが(笑)


★Megさん
作品のご紹介ありがとうございました!
無料翻訳サイトにかけてみたのですが、やっぱりご心配のとおり
きちんと読みこなすことは難しいようです。
いつかマンガになったら良いですねー(*^^*)

あともしかしてですが、しらとりさんと私が話題にしていた
『銀魂』は、009とは別の作品ですので、内容が分かり辛かったのは
その部分かもしれません。
wwws.warnerbros.co.jp/gintama/
サムライギャグマンガです…ってこの紹介で合ってるかしら??


★キリミーさん
キリミーさんはクラブサンデーをご覧になったんですね。
私はまだ読んでおらず、読む予定もないという;
うちのサイトはどんどん「完結編を語る」という初期目的から
離れつつあります(^_^;)


http://coda009.web.fc2.com/

 

Thank you

 投稿者:Meg  投稿日:2013年 7月22日(月)19時07分11秒
  Shiratori-san, I'm so grateful that you tried to explain again your idea to me.
I think that Luna-san's right: nobody can do a work exactly like the real author would have done it. But as long as one does his or her best to respect the author's will, the homage will be good. I think that the homages in Luna-san's site are beautiful, while that man didn't care to respect the original.

Kirimi-san, thanks for answering me. I already said what I think of this version of the final chapter, and why. If you want to discuss it on Facebook, I'll be glad to give my humble opinion.

I hope that someone could read my novel. I'll make an effort to have it translated or made into a manga someday, so you can tell me what you think about it. It would be an honor to be on Luna-san's site.^^

http://blog.libero.it/Vitacoimatti/view.php?nocache=1186679502&ssonc=1025152296

 

once more

 投稿者:しらとり  投稿日:2013年 7月18日(木)22時35分11秒
  I am sorry to confuse meg-san.

I do not read the comic of the Club Sunday. after three episodes, too.
I think that a close man like son and assistant can’t understand to an author’s thinking in every corner..
Of course there is the thought, "I want to surpass a father or a teacher."
If it is such a thought,
Such a thought blind the thing which public fan like us was able to understand and feel.
And thought, "oneself does it this way" may strongly appear (an example,  looking down on a chief character once) .
I think that I think the work after death of the person to be the second creation and should be read so that there is Luna-san's opinion.
I think that the work that the general fan is more splendid is created in fact.

これで、意味が通じているでしょうか?
もし、また意味が通じていなければ、ごめんなさい。
英語は難しいよー(@_@;)
 

To Meg-san,

 投稿者:キリミー  投稿日:2013年 7月16日(火)09時36分15秒
編集済
  Hi Meg-san,

Did you watch the title, “ conspiracy of famale god” at club-sunday ?
So are you sad to watch it ?

I'm going to talk about it on my facebook page.

And I’m so interestered in your novel.
I will watch it.^^
 

Thank you & Link

 投稿者:Meg  投稿日:2013年 7月16日(火)01時46分13秒
  Shiratori-san, thanks for the kind words. Unfortunately, with my poor means I can't understand very well what you said ^^;;;
Luna-san, thanks for your encouraging words! This is my story, published in Italian.

http://www.fanfiction-manganet.it/viewstory.php?sid=47798

I'm afraid that Japanese fans wouldn't be able to read it... but I give you the link nonetheless, since you were so kind with me...

http://blog.libero.it/Vitacoimatti/view.php?nocache=1186679502&ssonc=1025152296

 

しつこいよーですが・・・銀魂補足

 投稿者:しらとり  投稿日:2013年 7月15日(月)20時13分29秒
  “裏切られた”は少々語弊が有りますか・・・。
でも、ぴったりの言葉を今は言えません。今回の映画の全編を貫いているワードのように、
私には思えるので。
兎に角、予備知識無し、で見ていただきたい、です。
あ、それと一人より数人で行かれると、良いかも。入場者プレゼント、がねVV。
 

BS特番など

 投稿者:るな  投稿日:2013年 7月14日(日)23時56分25秒
  手塚×石ノ森のBS特番、みなさまご覧になってますか?
爆笑問題の田中の後ろ姿が、時折石ノ森先生と重なって見えました…
しかし太田手塚先生はアレで良いのか(笑)

そして最終日の対談の人選がちょっと意外です。
浦沢直樹は初めてご本人を見ました。へー!

番組内で紹介されていた、石ノ森先生の子どもの時の落書きとか
原画は、『マンガのちから』展で出品されています。ぜひ見てね。

萬画館で『加速装置』展もやりますよー。
あと『キカイダー』が実写化(!)されるそうです。
『009ノ1』はもう公開されたのですっけか?


★Megさん
最終章を書こうとされてるんですね! それはすごい!
頑張ってください(^_^)

私がいま見たいのは、やっぱり神山監督のRe:続編かなー。
↑でも紹介したテレビの特集で、旧ゼロ(モノクロテレビアニメ)の
第1回と最終回が上映されました。私はテレビ版だと旧ゼロがいちばん
好きで、今回も改めて見てすごく良かったです。
そして最終回は、かなりRe:と共通するところがありました。
時代やエピソードが少しずつ違っていても、底に流れるテーマを
きちんと描ける人の作品が、私は見たい読みたいです。


★しらとりさん
こんばんは、ご無沙汰してしまってすみません;
銀魂ご覧になったんですねー!
今回あまり話題になってないので、どうしようかなーと思っていたのですが
それならレディースデーにでも見に行かねば!!

裏切られる…ってことは、あの大人神楽と新八とか、新撰組解散?とか
あのへんがぜーんぶフェイクだってことかしら… た の し み です!

近親者だから、描けるわけではないとのご意見には同感です。
しかし実際のところ、ファンだから描けるわけでもないと私は思います…
きちんと原作リスペクトしつつ、それを自分自身の表現として構成できる
人が、次々と出て欲しいです! とりあえずアメコミ版に興味津々です(^_^;)

http://coda009.web.fc2.com/

 

劇場版銀魂

 投稿者:しらとり  投稿日:2013年 7月11日(木)21時32分15秒
  かなり、お久しぶりです。
漸く、劇場版の銀魂が始まりましたね。
行ってきました。

いやぁ、裏切られました、最初から。
途中、可笑しくてお腹抱えて笑ってしまったのですけれども(会場内笑い声がこだましていました)、
後半になって両目から涙が溢れて、如何しようもなくて困りました。
地球を救うお話なんですけれども、如何にも銀魂らしくて、
みんな凄いカッコ良くて、
どこぞのよくわからん完結編なんかより、よっぽど分かりやすくて、そして、清々しくて
未来に希望が見いだせましたよ。
で、銀魂を見て思ったのですが・・・、009完結編。

Megさん、初めまして。
英語が苦手ですので、私も日本語で書かせていただきますね。
私も、クラブサンデーのマンガは3話以降は読んでいません。
私が思うに、息子やアシスタンのように近しい者だから先生の考えていることが隅々まで分かる、ということでは無い、と思うのです。
「親、或いは師匠を超えたい」との思いは当然有る、でしょう。
そうした思いが、若しかしたら
私たち一般のファンには感じ取れていたものを、見えなくさせていたり、感じ取れなくさせていたりしているのかな?
そして、「自分なら、こうする」との思いが強く表れてしまうのかもしれません(一旦、主人公を貶めなくては気が済まない、とか?)。
るなさんも仰っているように、ご本人亡き後の作品は二次創作だと思って読まれたほうが良いと思います。
尤も、一般のファンの方のほうが素晴らしい作品を創作されていると、私は思いますが。

いつか、るなさんに描いてもらいたいなーーーー。



 

レンタル掲示板
/68