teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


再びこんにちは☆

 投稿者:Junka  投稿日:2012年12月 1日(土)05時00分24秒
  こんにちは~。2回目の投稿のJunkaです(*^_^*)。
今日は1日映画半額なので4回目を観に行きたいなあと思いつつ、混みそうで思案中…。
サントラがすごい気に入ってて、何度も聴いて映画を思い出してます。
BDが待ちきれない…。

RE:CYBORGの4が個人的に渋くてカッコイイなあと好みです♪
自分が年取ったせいか、やはりオトナな男性に好みがシフトしていったなあと(^_^;)。


そうだ、RE:CYBORGのネタバレマンガ描いたので
良かったら観てください♪オトナフランちゃんを描いたので
今度はるなさんの描くような可憐なフランちゃんを描きたいです…。

009 RE:CYBORG  ネタバレ93マンガ | Junka [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=31589137

http://passionpinky-junka.com/index.html

 
 

神山監督よりメッセージ♪

 投稿者:キリミー  投稿日:2012年11月27日(火)11時12分26秒
  るな様

6回も観に行ってるってすごいですね(≧▽≦)
私も上映してる限りは映画館に何度も行きたいです。

ノベライズ版を読んで、ラストで天使の化石は、ジョーこそが天使の姿そのものではないか・・・と解釈した私は、
神山監督にTwitterで聞いたところ、またまたお返事を頂きました。


神山健治:Kenji Kamiyama ?@kixyuubann
@kirimie ジョーが天使そのものという解釈をしていただけて嬉しいです



神山監督の解釈では、ラストの天使の化石のモニュメントの天使の羽は、

サイボーグ服のマフラーだったみたいですね。

 

初めまして。

 投稿者:kazunari  投稿日:2012年11月27日(火)00時50分2秒
   失礼します 39のおっさんですが阪神ファンで石森ファンな者です

阪神関係でネットをウロウロしてたら辿り着きました いやあ来るのが7年遅かった
まさか共通する趣味の人間がいようとは そうそう雨中の優勝パレードでした ♪あれは9年前♪(そんな歌知らんわ?) 土砂降りだったのを覚えてます 懐かしい あの時は奇跡の独走に思いましたが

本当に奇跡だった いや2005も井川が打たれても下柳が押さえて優勝しましたが、その後が・・・2008も2010もここ2年も・・たく・・・

 しょうもないチームの話はここまでにしてサイボーグ009のファンサイトがあるとは気づきませんでした 一通り観るのに半月かかりましたわ 石森プロ本家以上に充実してるやん 個人的にはダイヤモンド作戦の続きに注目しとります
完結編小説は読まれて無いようですので 内容うんぬんは細かく告げませんが「絵」にするのは難しいと思いますね(漫画やアニメにせにゃならんのに・・・)
映画は別物と思っときます ノベライズは逆に読めたのですが あのreのキャラ造詣は認めにくいものが!

長々と語るに落ちましたが 来年の阪神の優勝と、再来年の009の生誕50年と、るなさんのご健康を祈っときます。
 

追加

 投稿者:るな  投稿日:2012年11月26日(月)23時11分41秒
編集済
  イスタンブールで、天使の像を発見した4がサングラスを外す時

ラザロ。。。。。!!(グレート声で)

といつも突っ込んでしまう。
黒目が白いだけじゃなくて白目が灰色なのがラザロなんすかね。

あとまじめな話で、天使像はほんとに天使像なのかな。
私はあれは映画上の演出で、実態は例えばキリスト教なら十字架とか、イスラム教ならコーランとか、
それぞれが信じる神や天使の姿なのかも。。。と思ったりしています。
月の裏側にあるのも、ほんとはただのクレーターなのかもよ。

http://coda009.web.fc2.com/

 

RE:CYBORG 愛で愛でポイント

 投稿者:るな  投稿日:2012年11月26日(月)23時02分42秒
  何度も映画を観て、愛で愛でしている私の偏愛ポイントv

9の前髪
神山監督わかってらっしゃる。9の魅力は、時々見える右目なのv
3が彼の前髪を優しくはらってあげるのが、愛だわね。
(ちなみにトモエも同じしぐさをするんだよね)

ドバイあたりの9の顔
2とのバトルあたりの9の顔が、捨てられた子犬の目。。。v

3の足と胸
足細い! 足長くて奇麗! 胸でかい!
例の洗面所シーンで、彼女の胸が、9の胸につぶされてむぎゅ
となるんだよね。おおー!
そいでもって、このシーンのラストあたりで、9の指がほとんど
映画では限界ぎりぎりなとこらへんまでいくのがひょおー!
何度観てもガン観してしまいます。DVDを買ったら絶対コマ送りで観る。何度も。

2の透き通った目
バーのシーンをはじめ、2の青い目がほんとにきれーだ。
しかし男前だね。身分証の写真がスカしていても、あれだけ男前ならオッケー。

4先生のがっしりした腰周り
先生の講義の間、腰のあたりばかり観てしまう。あと声ね! 声!
あまりに良いお声で、意識がとおーくなる。。。(寝たことはありません)

3の背中
4先生の講義そっちのけで、ワンピの隙間からのぞく背中にうっとり。

1のまつげと指
かわゆい。。。v 寝顔もかわゆい。。。v

6の二の腕
やわらかそーなの。もちもち。

9のしなやかなボディライン
フィギュアの羽生くんとかさ、10代ならではのしなやかーな線が奇麗だ。
特に上半身、背中から腰のあたりがたまらん。

3Dモニターとか計器とかの
このへんは、I.Gで良かった点ですよねー。もぉ得意分野。
2のカメラアイも好き。

加速装置
9の能力は、意外とメカぽくない描写がされていて、むしろ身体感覚を
大事に描いているのが面白いと思う。
あと加速中の音が興味深いよね。ドバイのくぐもったみたいな音とか
宇宙空間での、水がごぼっとなるみたいな音とか。

とりあえず。
プロデューサーと神山監督は、ダイブギアを俯瞰に観るショットで、
杖を持ったギルモア博士がまるでフィギュアみたいに立体的に
見えるのがお気に入りだそうです。

この映画の3Dはほんと心地よいので、上映が終わってしまったら観れなくなってしまう
のがほんと残念。3D体験するだけでも価値ある映画だと思います。

あと、エヴァQ観たんですが、あまりにも難解すぎて、神山映画がむしろ
とってもすっきりとストレートに思えました(^_^;)
エヴァQも6回観たら分かるんでしょうかね???

http://coda009.web.fc2.com/

 

6回観た感想

 投稿者:るな  投稿日:2012年11月26日(月)22時34分38秒
  >丈さんの完結編
もうちょっとしてから読もうかな~と思っているので、申し訳ありませんが
コメントできません。。。みなさんのご意見を「そうなんだ!」と思いながら
拝読していますよ。どうぞ議論なさってください。

>映画
ある方から「ラストシーンは、フランソワーズが望んだ世界」と伺って、
え~~~~~?? と思っていたのですが、確かにイージス艦で流れ星に祈る3の
シーンの後、暗転、そしてヴェネチアにつながってます!

そうか。。。あれは、3が願った世界なのか。。。

と思ったら、もう切なくて切なくて。
ノベライズ&アニメスタイルを読んだ直後だったこともあり、その回が
一番切ない思いをしました。
ノベライズに、トモエは3の少女時代にそっくりと書いてあったでしょう。
私はてっきり、ラストシーンの3がトモエ声で話したり、
しぐさもトモエだったりするのは、彼女が9視点のイメージだからだと
思っていたのです。VRってやつなんだと。

だけど、3の願った世界だというなら、彼女は9と同世代の
(彼女だけ年をとってしまっていない)少女に戻って、しあわせに
暮らしたい。。。と願ったということですよね。切な!

神山監督は、彼女の願いはかなったと考えているようですが、
その時はそういうふうに楽観的には思えなくて、私には「彼の声」は
違ったふうに聞こえるー! とか身もだえてました。

まぁでもその後、監督のティーチインとか2回くらいまた映画を観て、
なんかやっぱり3の願いはかなったようにも思えてきました。
この映画はほんとに観るたびに解釈が変わって、面白いです。
「彼の声は、聴く人によって全く違うふうに聞こえる」を地で
いってます。ちゃんとその意図が成功してるってすごいですよねー。

私も、ラストの天使像は、9の姿に見えました。
今回マフラーが2本なのは、きっと天使の羽が2枚だから?

。。。と思ってじっくり観たら、あのマフラーって装着前は確かに
2本なのに、戦闘時には1本ですよね。。。謎だーーーーーーーっ
超銀の時も思ったけど、あのマフラーってどやって結んでるんだ。
お着替えジョーのマネっこしてマフラーをはためかせても、
あんなふうには結べませんよ。。。?

あああ遅くなりましたがJunkaさんはじめまして!
どうぞよろしくお願いします(^^)

http://coda009.web.fc2.com/

 

原作ファンさんへ

 投稿者:レイコ  投稿日:2012年11月23日(金)13時26分20秒
編集済
  こんにちは、はじめまして。

書き込みしてくださって本当に良かった~ありがとうございました!!
石ノ森先生のご用意されたラストを否定しているのでは、全然ないのです!!
それはもう声を大にして!!

いろいろ続けて書いてしまったのと、感想としても不完全ですし、言葉が足らずに哀しい思いをさせてしまったこと、本当にすいませんでした。
感想を書くのは難しいですね。


消化しきれていない…つまりよく解っていないのは、石ノ森先生が描かれていない部分でのことでなんですよ。
やっと訪れた平和のなかに皆がいること、とても嬉しいです。

エピローグの光の宇宙で地球の様子は描かれているのですが、他の惑星などは出てきていません。
闘いの後、他の惑星の光の子たちと、どんな会話が持たれたのか…とか、そのあたりを知ることができれば、(あくまでも自分が)理解しやすかったということなので。
ついつい考え込んでしまう性質で、引っかかってしまっているのもあります。

それは石ノ森先生があえて描かなかったのかも知れないし、完成作品にするにあたり描かれるおつもりだったのかも知れないし…。
知ることができない今は、自由に解釈しつつ読んでもいいのかなと、今は考えを進めています。
まだ読み方が浅いです。今後また発見もありそうです。


構想ノートの存在は知っていましたが、読んでいないので、教えてくださってありがとうございました。
いろいろ参考にできます!

早瀬マサト先生の描かれる漫画版も購入しています。
こちらも読み進めて理解を深めるつもりです(^^)


私も一番好きなのは、やっぱり原作!!
中学生のときに『天使編』までをほぼ間を置かずに読んだのが、ファンになったきっかけです。

ジョー達は物語の中でも世界を救ってくれていますが、リアルに私のことも救ってくれました。

ちょうど『天使編』を読み終えて、続きを探していたとき、家庭の事情で身辺のものを何も持たずに見知らぬ土地に急に引越ししなければならなくなったことがあって、子供心にショックで笑顔になれない時期があったんです。
少しずつ落ち着いてきた頃、本屋さんを見つけ、ふらりと入って目に飛び込んできた『サイボーグ009』11巻!!

「続きがある!!!」

心の中で叫んで(あっ、今、私、喜んだ…)と感じて、気持ちが明るく動いたことを、今でも鮮明に憶えています。
それが新しい生活の助けになりました。本当に感謝しています。
守護天使ですね…もうそれ以上の活躍ぶりかも(*^^*)

こうして完結編小説を手にしているのも、とても感慨深いです。

そんな思いを持ち続けてきたので、完結編の中から、漫画で描かれ親しんできた赤い防護服の彼らが活躍した物語も同じく『私たちと同じ現実にあったこと』として見つけていきたいなと思っています。
完結編のジョー達が現実で、これまでの漫画の物語はフィクションという位置付けに思えてしまうのが寂しくて。


言葉の足らない感想で、重ねてすいませんでした。

これからの009の新しい展開、とても楽しみにしています♪

 

失礼します

 投稿者:原作ファン  投稿日:2012年11月22日(木)22時34分36秒
  はじめまして。
いきなり、このような書き込みをする失礼をお許しください。

構想ノートを読みました。
完結編最終巻は、すべてが息子さんの創作です。
1巻も003の章、2巻は007,008,
そして009の章は大幅に改変追記されています。
ジョーと翡翠は、小説中のような関係として描かれていませんでした。

先生が結末だけは書き遺しておられたのに、それもバッサリ切り捨てられ、全く違う内容です。
哀しいです。
 

完結編読みました

 投稿者:レイコ  投稿日:2012年11月21日(水)19時20分48秒
編集済
  前の書き込み、順番が変になってしまって申し訳ありませんでした(汗)

完結編小説は、まず映画を楽しんでからにしようと最終巻が未読だったのですが、この機会に読み終えましたので!

私にはまだ消化しきれない部分があって、うまく言葉にできないかも……
とりあえず一読した感想として書きますね。

「…(略)…。別の次元の人間に、それを操られてたまるか。善も悪も欲求も野心も、全部持っているから人間だ。…(略)…」
第3巻P278のジョーの言葉です。
メンバー全員で、その志を持って闘い抜いて、ラストに至るわけです。

まだ消化できていない部分というのは、その「操られてたまるか」と言っていた別次元で平和を得た…ということ。

一読しただけでは読み落としもあると思うし、時間をおいたら自分の考えも整理できるかもしれないので、いつかまた再挑戦してみます。

石ノ森先生ご自身の解説やコメントを頂きたくても叶わないというのが、やはり寂しく残念です。
あれは、こういうことだよ…とか、こう考えてみてよ、とか、お言葉が欲しかった。

私にとっては今のところ、完結編小説は、石ノ森先生ご自身の表現者として闘い抜いたお姿を届けてくださった…と受け止めています。

ジョーとフランソワーズのことは、私は2巻を読んだ時点で荒れてしまったんで(笑)
あれこれ言いたいことは多々あれど…。
でもまあ最終的に相愛だったということで、とりあえず置いておきます。


映画のほうは監督ご自身の解説なども読めるし、すごく幸せな状況ですね。
まだまだ関連イベントもありそうな感じで。
気の早い話ですが「DVD買うぞ~~!!」って、今から楽しみ♪
あっ、CDがお店に届いてるから受け取りに行かなきゃ!!(『誰がために』が新しく聴ける!!)


そうですね、今こうして生きていて、ちゃんと楽しみもあって…というのが、本当にありがたいことだと思っています。
島本和彦先生の009も読みましたよ~うふうふうふ♪
また次の機会に書きますね。

 

11月18日の書き込みです

 投稿者:レイコ  投稿日:2012年11月19日(月)23時51分13秒
  昨日書き込みした記事を編集しようとしたのですが、PCをいじったせいかうまくできなくて、お願いして削除させていただいた上で再掲載しました。
お話が前後になってしまい申し訳ありません!(るなさん、お手数おかけしました!)

改めまして、以下、昨日の書き込みですが、よろしくお願いします。


本当に久しぶりの書き込みになります。
どうぞよろしくお願いします。
(>まつもとさん、お元気そうで嬉しいです♪)

萬画館は震災から618日ぶりの再オープンだそうですね。
HPで写真を拝見しましたが、辛苦を越えて動き出した暖かな雰囲気にホロリとしてしまいました。
本当におめでとうございます!!
私も予定を立てて是非遊びに行きたいと思っています。
るなさんのレポ、楽しみにしてますので♪


さて、映画 009 RE:CYBORG ですが、私はもう大満足で!!
新作で、動く彼らを見られたのがまず嬉しいし、最初から『神山版 009 』と思って見ていたせいか、映画版の設定も、ここは原作を意識してるかなというところも、どちらも楽しめました。
時間的な制約もあるなかで、よく頑張ってくださったなぁと感無量です。
また是非作ってほしいですね~今度は時間を多くしてピュンマにも活躍してもらって(^^)

映画の中の諸々の謎は自分の頭で考えるには限界で、皆さんの感想や神山監督のインタビューやノベライズ本など頼りにしてます。

ラストシーン、フランソワーズのセーフハウスが、るなさんも書かれていらっしゃいますが、内装は違うけれど、らせん階段とかテレビが置いてあったりとか六本木ヒルズの部屋から連想させるものがありますね。
もしかしたらジョーの心の中を観客に見せているのかなって思いました。
外は雨で暗く殺伐とした六本木ヒルズの部屋と、フランソワーズと一緒にいる穏やかで明るい部屋の対比が、『彼の声』を聞いて後にその意味をとらえ直したジョーの心の変化を映しているのかなぁと。
で、現実のジョーとジェットはどうなのかな……生死をさまよってる感じ?
映画だけ観た段階で、そんなふうに思いました。
今は、いろいろな解釈を楽しんでおります!

3年ごとの記憶リセットは、まだよく飲み込めていないのですが。
フランソワーズの気持ちを考えると切ないですね。
ふと、その3年ごとに彼女は桜の花をどんな気持ちで見ているのだろうと思ってしまいました。
ジョーの記憶を消して満開の桜のなかに彼を残して、離れていく…という。

なんか、つらつらと書いてしまいましたが、この辺りで。

 

レンタル掲示板
/68