teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


あとは勇気o( ̄ ◇ ̄)○

 投稿者:キリミー  投稿日:2012年11月11日(日)11時42分15秒
  しらとりさま

レスありがとうございます。
こちらこそ、お気を悪くされたらすみません。
完結編ラストは、人によって解釈もいろいろと違うと思うので、
それぞれいろんな考え方があって当然なのかもしれませんね。

また、009公式ファンクラブの掲示板でも完結編について
ネタバレで語り合う掲示板が出来ていますので、
よかったらこちらで語りませんか?

http://homepage2.nifty.com/Cyborg009-FanClub/


また、小野寺丈さんのHPに、私はよく書き込みしてますけど、
ちゃんとお返事くださる方なので、疑問点とかに答えてくれるかもしれません。

http://joe-company.com/

ちなみに昨日発売の映画のノベライズ版は読まれましたか?
ノベライズ版だと、ジョーのフランソワーズへの一途な気持ちが描かれていて、
うっとりしてしまいます♪

>映画

るな様 サントラ買われたのですね。
私も3回見に行って、未だ余韻が冷めません(* ̄。 ̄*)
ジェットとグレートのバーでの音楽、いいですよね~(≧▽≦)
私はあのラブシーンの時の曲も好きだし、天使が現れるときのも好きだし、
どれも好きです~www

まあいろんなところで、7と8の扱いは何だ~( ̄▽ ̄;)!!ガーン とか 9人全員が揃ったとこ無いじゃない~(ノ△・。)というご意見を見ます。
新ゼロでも、9人全員が能力フル活用っていうシーンはあったけど毎回じゃなかったし、
神山監督は「フランソワーズがこれまであまりヒロインとして描かれてなかったので、ヒロインとして描きたかった」とインタビューで仰ってます。
たしかにかつてのフランソワーズは、ヒロインというより9人の戦士の一人みたいになってしまって、代わりにボンドガールが登場してジョーと絡むことが多く、我々としては(∴`┏ω┓´)/コラァー!! という感じでしたが、主人公のほかにも8人の見せ場を作るというのは、大変な作業なのかもしれません。

今回は9人全員がそろわなかったり、能力フル活用のシーンが無い代わりに、
フランソワーズがヒロインとしてきちんとして描かれていたことを思うと、
それはそれでよかったのではないかという感じで大満足な私ですゝ(* ̄◇)=3オナカイッパイ

嗚呼 私もサントラほしいけど、ここのところどんだけ009のために散財したことか・・・アセアセ...A=´、`=)ゞ
それでもほしい! あとは勇気だけだo(・Θ・)○☆
と毎日葛藤の嵐ですw

まだ思うところもありますが、今日はこの辺で(* ̄▽ ̄)ノ~~
長くなりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございました。

http://ameblo.jp/kirimie/

 
 

見て参りました(ネタバレあり009Re:サイボーグ)

 投稿者:ロイ・ダルトン  投稿日:2012年11月11日(日)01時59分31秒
  るなさんお久です~。

7ファンの私としては色々納得行かないこと多々ありますが、それ以上に8ファンの人たちが気の毒で涙・・・真面目な話、サイボーグ能力全く見せなかったのは冗談で済ませていいのかなあ、とも。平ゼロからピュンマファンになった人には正直オススメできません。

映像は良かったです~♪あと93が頑張った(特にフランソワーズ/爆)。いきなり脱ぎ出した時(コラコラ)はどうなることかと思いドキドキでしたが、性格は変わってなかったですね。むしろ平ゼロのトゲっぽさが取れて新ゼロフランに戻った?ジェットの鼻も思ったより気にならず(笑)。ギルモア博士と張大人が金銭面で揉めてた件とか、妙なトコロでエピソードが細かくて面白かったです・・・相変わらず見方がニッチ&超マイノリティ目線ですみません~。ま、元々このHNですからご勘弁を・・・でもこれが、新ゼロのB級悪役から付けたHNだと気付く人もいるかどうか(苦笑)。

ではでは。
 

RE:CYBORGのエピローグ

 投稿者:しらとり  投稿日:2012年11月10日(土)22時57分51秒
  もう一度、読み直してみました。

201X 年の地球は、眩い光に覆われた元の光の宇宙に戻ったのだと思います。
だから、ギルモア博士や、命を落としていった仲間、ショーさんと呼ばれる萬画家もこの星で
平和に暮らしているのでしょう。
ジョーや、フラン、イワンが透き通った光の子になったかどうかまでは言及されてはいませんが・・・。生き残った人々はおそらく肉体を持ったままなのではないか?と推測しています。
この、平和な世界で第三次世界大戦が勃発するとは思えません。

もし、また闇の子たちが騒ぎ出したら、今度こそ本当に地球は神の手によって消滅されることでしょう。
ですから、移民編も存在しなくなる、と私は思ったのですが?
きっと、私が重箱の隅をつつくような読み方をした所為なのだと思います。

敬愛する、るなさんの掲示板を炎上させる気は全くありませんので、この件については
これで終わり理にしたいと思います。

キリミーさん、お気を悪くさせたかも知れません、ごめんなさい。

 

しらとりさんへ

 投稿者:キリミー  投稿日:2012年11月10日(土)15時31分56秒
  完結編、エピローグ手前で止まってましたが、ついに読み終えました。

しらとり様

あの~私エピローグまで読んだら、ちゃんと「移民編」に繋がってると思いましたけど…?何故しらとり様は「移民編」につながらないと思われたんでしょうか?

確かにエピローグ手前で終わってたら、移民編には繋がらないと思います。だからこそ私はなかなかエピローグを読むのが怖くて長いことできませんでしたが…?

私の解釈が違うのかな…?

読み終えた今の感想としては、映画と小説のラスト似てるな~という感じです。
 

あいかわらずアニメスタイルは未読

 投稿者:るな  投稿日:2012年11月 9日(金)23時34分43秒
  サントラを聴きながらレスしています。
いやーこのサントラ良いですねぇ♪
ジェットとグレートが会っていたバーで流れていた曲とかお洒落だし、
エンドクレジットの曲とかグッときます。今5曲目。カッコ良い...v

>完結編小説
なんだか、ザワっとくる内容みたいですねー。
私は天使編の続きは今回の映画で良いやーと思ってしまったので
余韻がなくなった頃に読もうかな。。。(^_^;)

構想ノートは、順番がバラバラだったり、クライマックスが抜けていたりする
みたいなので、石ノ森先生ご自身が書いたものでない限り、二次創作と
言えるんじゃないかしら。
なので、残念ながら自分の好きな解釈と違う場合もあるかなーと思います。
(移民編は私も好きなので、なかったことになっちゃうのは惜しいな)

逆に終わらせてくれたことで、完結編の呪縛が解けて、
他の二次創作を作りやすくなったのでは、という部分を評価したい。
というわけで、ゲッサンの島本版009がなかなかに楽しみです。

>ラストシーン
パンとワイン、確かにそうでしたね。気づかなかったです。
部屋の中に、ヒルズと同じ螺旋階段があるのを見て、ああこれは
現実ではなくジョーの脳内にある光景なのかな。。。と思いました。

「神は人間の脳が生んだもの」っていうのは、ヨミ編「ブラックゴーストは
3つの脳」「悪は人の心の中にあり、戦争はなくならない」ように、
「神/善も人の心の中にある」っていう意味なのかと解釈しています。

ラストシーンで人が急に増えたのは、「我思うゆえに我あり」?
意識することによって、初めてモノやヒトを認識したからでは。。。?
と思ったり。どうなんでしょうね?

神山監督はどうも「脳」ってのを科学技術的? メカ的?
にとらえているような気もします。うまく言えませんけれども
脳を改造したことで、ジョーは「神の一手」もとい「神の領域」
へ超越することができたのかな、とも。

ほら、超一流のスポーツマンとか、「見えない風景が見える」
と言うじゃないですか。あれのもっと壮絶なレベル?
研ぎすまされちゃって、月の裏側まで見えちゃうみたいな??

もう一つ思ったのは、映画『攻殻機動隊』のラスト
「ネットの世界は広大だわ」な感じで、ジョーは次元の違う世界
(あの世とも言う?)へ行ってしまったのかな、ゼロゼロズも
そこに集合したのかな、急に現れたたくさんの人たちも、
ネットゲームのアバター的な感じで合流したのかな? という解釈。

拡張現実のトモエって、熱海で写メったら、ラブプラスの
バーチャル彼女が写る。。。みたいな感じでしょうか(^_^;)
ちなみに、舞台挨拶で、キャストの皆さんが「トモエ欲しいー」
って盛り上がってましたよ。

あとはつれづれに。

4の鞄にはやっぱり予備の弾が入ってたんでしょうか。
どっから弾を補充するのかなー見たかったデス!

予告編では、冒頭9の目に光が入っていたのに、映画ではなかった。
いかにも9が変節して人類の敵になった演出で、予告編のつかみは
上手かったですよねー。
一方で、8は一番活躍したのが予告編だったなー(^_^;)
舞台挨拶でのセリフ自己紹介『「いつの間にかここに居た」ピュンマです』
大笑いしました。ほんとにどこに行ってたんだろ、8。(7もね!)

http://coda009.web.fc2.com/

 

(無題)

 投稿者:しらとり  投稿日:2012年11月 8日(木)21時21分26秒
  まつもとさま、キリミーさま
さらっと、スルーしてごめんなさい。

考えても考えても、自分の思っていることを上手く言葉に出来なくて、文章にすると全然違う方向に行ってしまうのです。
少し、冷静になれたので書き込みしてみます。

009を最初に描きだした時には、このような展開にしようとは思わなかったと、思うのです。
天使編が頓挫して、神々との闘い編も中途半端に終わって、周囲の声に此の侭で終わらせられないと考えた末の、構想だったと、思います。

天使たちの住む犯罪者たちをこちらの地球と同じ地球に住まわせ、転移させたものが2012までの地球人で、
009たちの死闘で(というか、ジョーとフランの愛で?)、天使たちの住む宇宙に転移し、
みんな半透明の羽の生えた天使になりましたとさ、めでたしめでたし。という、エンディング。


長い009のすべての話がこのラストで薄っぺらなものなってしまった・・・そう、思えたのです。

移民編も消えちゃうの?くび黒の話は?それは、絶対に嫌だ。

ぶつぶつ文句を言っていたら、娘に一言
「それなら、お母さんが書けばいじゃない」と、言われてしまいました。

そもそも先生の構想ノート持ってないのに書けるわけないじゃない。
「じゃあ、しょうがないね」
「ごもっともです・・・・・・」
彼女の一言が泣けれが、未だにグチュグチュ言っていたかもしれません。

あれは、あくまで構想ノートをもとに書かれた別物。と、分けて考えることにしました。



そして、映画なんですが。

眠りから目覚めたジョーが、3日後に復活したキリストのようでしたし、パンとワインを持って帰ってきたフランがマリアのようでした。

で、気になったのが、ジェットやピュンマ、ブリテンらを博士たちが迎えたときには彼rだけだったのが、いきなり人々で街が溢れかえっていきましたよね。あれって、亡くなった人々が復活した、ということなんでしょうか?

また、娘の言葉を持ち出しますけれども、
地球は爆発したんじゃないか?そして、ジョーかフランの願いで復活した?
それも、有りか?だから、人々が増えてきたのはそれを暗示しているのかな?

何回見ても、謎が増えるばかりです。

では。




 

長くなりました

 投稿者:まつもと  投稿日:2012年11月 7日(水)17時21分38秒
  アニメスタイル>

神山監督は、監督交代の経緯からラストの解釈まで沢山語っていらっしゃいました。
監督自身が映画をどのように解釈しているかを知りたい方には必読書です。
逆に言えば、視聴者による自由な解釈がしにくくなる、という心配があります。

とりあえず、トモエの正体について、アニメスタイルからそのまま引用。
神山
「トモエというのは、愛するジョーのそばに、いつもいてあげられないフランソワーズが、自分の代わりに彼の脳にプログラミングしたAR(Augmented Reality=拡張現実)なわけです。さっきも言ったように、神は人間の脳が生んだものだとして、それが爆弾テロも含めた物理的事象を引き起こしているならば、偶然ジョーの脳にARのトモエを埋め込んだフランソワーズが、神と同じ立ち位置にいたのではないか、と。自らの内なる声である「彼の声」に、ほとんどの者が敗北していく中で、島村ジョーだけがなぜ敗北しなかったのか。それは、たまたまフランソワーズが自信の人格を投影したARが送った言葉が彼を死地から蘇らせたのではないか、と。」

トモエがドバイに現れたときは、フランソワーズにもジョーの生死は不明でしたよね。
だから、彼女にはフランソワーズの人格が投影されているとしても、
フランソワーズとは独立に行動していると思います。
ジョーが精神的危機に陥るときに、それを救うべく、
自動的に登場するようにプログラミングされているのではないかな。
思考や行動パターンはフランソワーズと同じなので、
2人が同じ台詞「神様は超えられない試練を与えない」を語ったのだと思います。

キリミーさん

監督からお返事頂けたなんてすごいですね!
続編がもしあるなら、今度も余計なゲストヒロインはなしで、そして今度こそ全員参加アクションでお願いしたいです。


るなさん

>彼らはキリストになったんだ

フランソワーズが持ってきたのはパンとワイン、これはキリスト復活のイメージかな、
ラストの世界は、この世とあの世の境で、彼らはこれから現世に復活するのかな。とか。
いろいろ妄想しています。


>完結編について

最初とラストは読みました。後は9と3の章を中心に本当に斜め読み。最低の読み方ですね。
2と5と6の章は原作者のアイデアとほぼ同じようなので、
映画が一段落したらそのうち読むつもりです。

ところで、何であのような(物議を醸し出している9や3の行動など、構想ノートと相当違うらしい)内容になったのか知りたくて
(2ちゃんには、「丈氏に嫌がらせの手紙を出したファンへの復讐」説まで出ていたし)
ネットサーフィンしていたら、「お縞庵」というファンサイトで
「実は石ノ森先生が生前小説の形で書き上げた原稿があるらしい」
という衝撃的な!書き込みを見つけました。
ソースはコミックGONという雑誌。
石ノ森先生とも親しい原孝夫さんが語っていたということで、
その一部は「コンプリートブック」に引用されているのですが、
引用されていない「原作者による小説がある」という言葉があるそうです。

小説があるなら、なぜそれを発表しなかったのか、
構想ノートとの関係は何なのか?についてサイト主がいろいろ理していました。

しらとりさん

私も「移民編」大好きです。
そもそも9と3が恋人になったのはこの話から。
一体いつどうやって告白したのか?
知りたくて行間(コマ間)を必死に探ったけど、今日まで謎です。
完結編は内容以前に、「移民編」も含めすべてを「作り話」
とした設定が受け入れがたいので、まともに読めないのかも。


 

↓の広告が、009時計なことが嬉しいよね。うひひ

 投稿者:るな  投稿日:2012年11月 6日(火)23時37分40秒
  まだアニメスタイル買えてません。
というわけで、解釈の幅は広いままです(^_^)

3役の斎藤千和さんが、まど☆マギの暁見ほむらと知って、びっくり!
そしてケロロの夏美と聞いて、さらにびっくり!!
すげー役の幅が広いわーーー売れっ子だわーーー
(彼女は歌える人なので、ぜひ『愛の星☆フランソワーズ』歌ってほしい)

1回目観た後で、『2001年宇宙の旅』と解釈している方がいまして、
私もそれを支持しています。天使=モノリスかなーって。
未読なんですが、小説版だとモノリスは月で発見されるんですってね。
じゃーラストシーンのアレはモノリスなのかも。

あと、FC総会で、ヴェネチアでゼロゼロズが「水の上を歩いた」ので、
彼らはキリストになったんだ、と解釈している方がいて、
面白い意見だなーと思いました。

ドバイやヴェネチアの景色は、やはり震災の影響があるように思えました。
地盤沈下した気仙沼の光景がよみがえる感じ。
でも、どうして3の足よりずっと下に底が見えるんだろう?
とひっかかっていたので、「キリスト」な解釈は興味深く感じましたね。

物理的には、彼らの肉体はもう無いかもしれないけれども。

あと、ギルモア財団がどーやってあんな資産を蓄えたのか興味津々ですよ。
ロビーとかすごかったですよね。広々していて。
やっぱり人工臓器やiPS細胞、若返り(ギルモア博士何歳だ?)あたりでしょうか。
張大人の寄付だけじゃー無理でしょう?
なんか命を危険にさらしそうで、あんまりあそこで働きたくはないですが;

3のセクシーなレース多用コスは、3Dでこそ出来る技術らしいです。
セルアニメではあの繊細なレースを動かせないそうです。

9がどうして3年ごとに記憶をリセットされないといけないのか、
脳をチューンナップしているので。。。という理屈がいまひとつよく分からないのですが、
私としてはあれは神山版『結晶時間』だと思ってます。監督GJ

押井版だと、どんなだったんでしょうねー。
シーテックで観た、最初の3D版が、もうすでに今回の脚本だったんですよね。
(六本木ヒルズで3を助ける9、ドバイ上空ステルス機上での29バトル)
押井監督は、今回の脚本は気に入らず、『9はひきこもり、犬になった1を連れて
旅をする58歳の3』というシチュを主張したそうですが(^_^;)
なんかとてつもなさそう。

というわけで、つれづれに。
小説版は未読なので(でもネタバレはOK)みなさんの議論を
興味深く拝読してまーす。

http://coda009.web.fc2.com/

 

二回目は2Dで

 投稿者:しらとり  投稿日:2012年11月 6日(火)21時13分36秒
  初日の舞台挨拶上で、関係者の方から2Dはまた違った見え方がする、おっしゃられたもので、
今日はそちらを見てきました。

人物の動きが2Dだと少しぎこちなく感じられた他は、「これが2D?」と思ったほど素晴らしいものでした。
トモエがガラスに『映らなかったところもしっかり確認しましたし。


まつもとさま、キリミーさま、こんばんは。

1977年に発表されたJ・P・ホーガンの『星を継ぐ者』は衝撃的で、石ノ森先生も強烈な刺激を受けたことと想像に難くない、と思うのです。

私が何故「移民編」こだわるのかと言うと、
未来人の司令官の出現は、
幼くして養護施設で育ち、少年期では少年院に入り、家庭の味を知らなかったジョーが
フランと出会うことで人を愛すること知り、暖かな家庭を持った、ということなんですよ。
ジョーとフランの間に生まれた子孫が過去に来ることは、あちらの世界では有り得ないことなんでしょう。何しろ、争うことがない世界なのですから。

先生に伺いたくても、不可能。
では、私も、まつもと様の仰るように、違う世界の「別人」なので気にしないことに、そして、キリミー様の移民編に繋がらなくてもよい、と考えましょう。

 

加速装置強化月間♪

 投稿者:キリミー  投稿日:2012年11月 6日(火)11時34分30秒
  るなさん


映画私もすでに2回観ました。あと1回は観ようかと思います。
トモエとフランソワーズの声、同じ声優さんて本当にびっくりですよね(ノ゚ο゚)ノ
トモエは可愛い声なのに、フランソワーズは落ち着いたセクシーな声で・・・(・Θ・;)
ってかトモエの設定、監督のインタビュー記事とか読まないと私なかなか分かりませんでした(^▽^;)


フランはあの大胆なラブシーンの時はびっくりしましたが、
あとは原作通り一途で健気な性格になっていたと思います。
ジョーをああやって支え続けてたんですね・・・(ノ_-。)

時間があれば3回目を観に行きます。
本当にもうここんとこ映画館まで走るわグッズ買いに走るわで加速装置しまくりです\(;゚∇゚)/


まつもと様

横レス失礼致します。
トモエはフランが作った拡張現実?なんですか?
私も神山監督は本当に天才のように思えました。
原作をしっかり理解されてるし、あれだけ新ゼロスタッフが手こずった神々との戦い編をちゃんと解釈して仕上げてるし・・・。
神山監督のTwitterに「続編お願いします」と書いたら「これ以上嬉しい言葉はありません」と返信を頂きました。


しらとり様

横レス失礼致します。
完結編の小説ですが、ちらっとネタバレするので未見の方御注意を。

私も途中まで読みましたが、ラストが見えてきたところで怖くなって最後まで読んでません。
私も「移民編」につながって無いと、小野寺丈氏に感想をメールしようかとさえ何度も思ったんですが・・・
ただ、小野寺氏もあの小説を書くのに大変な苦労をされてるとも思いますし
未来は、自分たちの力で変えることが出来るものですし、
決まっているわけではありませんので、ラストの解釈によっては、
必ずしもストーリー上「移民編」につながらなくてもいいのではないかというのが私の感想です。
といっても私はまだエピローグ読んでいませんので、どういう展開、解釈をまだしていいのか不確かなところがありますので、それはこれからゆっくり解釈しようと思います。

http://ameblo.jp/kirimie/

 

レンタル掲示板
/68