teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:16/335 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

理系重視の教育改革

 投稿者:玉川  投稿日:2013年 4月27日(土)18時25分22秒
  通報
  自民党の教育再生実行本部が文系を含むすべての大学入試で理数科目を必須とすることを提言する。
今日の我々の生活の大部分が科学技術に支えられているのはまぎれもない事実である。
ハイテク産業が関わる経済は勿論だが、DNA鑑定の登場で法学部も科学知識が必要とされる。

最近、首相や閣僚の靖国参拝が中国や韓国からの批判の的となっている。
このような状況下において、天皇を神として崇める非科学的な思考回路を持った軍国主義者たちがあの戦争を起こしたという歴史認識に立ち、理数重視の教育改革を通じて科学に疎い人々が存在しない社会を目指すことは正しい選択と言える。
日本政府を非難する中国や韓国も、理数が苦手な日本人留学生を締め出すなどして、世界平和の維持に協力すべきである。

プラトンのアカデメイアの門には「幾何学を知らざる者、くぐるべからず」と書かれた額が掲げられていた。
哲学者になるための必須条件だった「幾何学」は、当時「数学」と同義語であった。
プラトンは哲人政治を理想としたが、万人が参加する今日の民主主義が衆愚政治に陥らないためには、万人が数学を理解する必要がある。

数学と民主主義への理解との間には関連がある。
ナチスに反対したアルメニア系ドイツ人の数学者エミール・アルティンは、素人向けに「ガロア理論入門」を書いているが、このフランスの天才数学者ガロアもまた共和制樹立のために王政と闘った革命家である。
明日から連休が始まるので、ベトナムへ出かける。
共産主義を快く思わないベトナム人にも理系の大卒者が多い。
ソ連の反体制派科学者サハロフ博士のミニチュア版と言えよう。

教育や受験制度が未来の国民を選択すると言っても過言ではないだろう。
自民党教育再生実行本部の今回の決定は、日本に平和と繁栄をもたらす「理系人間」量産への一歩として期待できる。
30世紀までに私のような学習能力の低い人間が淘汰され、国民全員がクォークやヒッグス粒子を理解する日が来ることを願っている。



 
 
》記事一覧表示

新着順:16/335 《前のページ | 次のページ》
/335